凛ちゃんNetcafe

まー、コーヒーでも飲みながら、ゆっくり眺めていってくださいな・・・(^_^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あまりに突然の出来事・・・

突然ですが訃報です。
ウチで長年飼っていた黒猫のジジが、本日午前2時45分に永眠いたしました。享年12歳でした。
zizi
在りし日のジジ。

ここ最近、咳き込んだり、グッタリしたりでどうも様子が変だと思い、昨日の夕方に病院へ行き、咳止めの注射をしたばかりでした。
夜中に突然苦しみだしたので、夜中の2時であるにもかかわらず病院へ連れて行き人工呼吸と心臓マッサージを続けたのですが、肺の中で出血して肺水腫を起こしており、瞳孔も開いた状態で、結局助かりませんでした。

あまりに突然の出来事で、頭がボーッとしてます。
甘えん坊で、ヤキモチ焼きで、誰かを構っていると必ず割り込んで来て、ニャー!と言って私を見つめるネコでした。
スリッパが好きで、いつも母のスリッパにスリスリしていた姿が目に浮かびます。

どうして急にこんなことになってしまったのか・・・
いつかはやってくる事だとわかっていても・・・あまりに急すぎて、涙が止まりません。
病院から亡骸を引き取って、今私の傍で静かに横たわっています。
身体を撫でても、あのゴロゴロをノドを鳴らす音も聞こえないし、どんどんと硬く冷たくなっていく身体が哀しいです。

いつもと変わらない穏やかな日が、明日も明後日も、これから先ずーっと続いていくもんだと・・・そう信じたかったけど、やはりそんな願いなんて叶うはずはなかった。当たり前だけど。

こんな暗い記事でスミマセン。
何か書かずにはいられなかったもので・・・。
今日は、このまま朝を迎えそうです。
  1. 2006/09/26(火) 04:13:25|
  2. non title
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<さてと・・・ | ホーム | 参った!>>

コメント

力を落とさないで!

愛猫のご訃報に接し心からお悔やみ申し上げます!命あるものいつかは別れの来るのは自然の慣わし、もう直ぐ陽が昇ります!これも自然きっと元気が湧きますよ!朝のくることに感謝ですよね!
  1. 2006/09/26(火) 04:45:52 |
  2. URL |
  3. けんG #-
  4. [ 編集 ]

葬ってあげてねぇ

思わず、涙があふれだしました。
 >スリッパが好きで、いつも母のスリッパにスリスリしていた姿

まんじりともせずに迎えた朝なんでしょ~凛さん
夜明けのない日はないですから
ちゃんと葬ってあげてください。
                      合掌
  1. 2006/09/26(火) 08:33:44 |
  2. URL |
  3. えみりん #-
  4. [ 編集 ]

また会えますように。。。

急にくるんですね~(ToT)
びっくりです。涙が朝から。。。

凛ちゃんのジジちゃんへの愛情が~
胸がこちらも痛みます~。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

どうかまたきっと会えると思います。
絶対幸せでしたよ~ジジちゃん!

訃報を心からお悔やみ申し上げます。
  1. 2006/09/26(火) 10:57:56 |
  2. URL |
  3. torasan #-
  4. [ 編集 ]

凛ちゃん、突然のことで辛かったね。
なんといってよいか…
これまでアップしてくれたいろんな場面が浮かんできます。

ジジは、凛ちゃんの家族として生きることができて幸せな一生だったと思います。

天国では、ふと足ももこさんちの20歳のひかるが一足先にいって待ってるよ。もう会ってるかもね。
きっと幸せだった猫たちでゆるゆるお茶会でもやってることでしょう。
  1. 2006/09/26(火) 12:47:06 |
  2. URL |
  3. TAKAMI #-
  4. [ 編集 ]

凛さん

ジジちゃんは凛さんのかけがえのない家族だったんだから、泣いてください、思いっきり…

昨日まで一緒にいた存在が無くなってしまうなんて本当に悲しいです。

思い出してあげるのが一番の供養とか。
沢山泣いて、また元気を取り戻してください。

うちのミーコと一緒に”猫天国”で走り回ってますよ、きっと。。。
  1. 2006/09/26(火) 16:56:21 |
  2. URL |
  3. ちぇりぃ #YM16R1CM
  4. [ 編集 ]

ジジが!? …とびっくりしてしまいました。
初めてあの子たちが凛さんのおうちに来たときのことを思い出してしまいました。

ジジも凛さんと一緒に12年も過ごせて、きっと楽しかったと思いますよ。
今はまだまだ悲しくて、さびしくてつらいでしょうけれど、ジジと一緒に過ごした日々を、きっと笑って思い出せる日が来ると思います。
心からのご冥福をお祈りいたします。
  1. 2006/09/26(火) 19:00:40 |
  2. URL |
  3. まめたろう #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

あらら・・・なんてことでしょう。
お悔やみ申し上げます。
  1. 2006/09/26(火) 21:00:51 |
  2. URL |
  3. 負けネコ同盟会長 #-
  4. [ 編集 ]

ホント、急に亡くなったんですね。
お悔やみ申し上げます。
ジジも凛さんに可愛がられて、天国に行かれたのでしょうね。
きっと天国から、凛さんの事見守ってくれるでしょう。
  1. 2006/09/26(火) 21:20:05 |
  2. URL |
  3. あき #-
  4. [ 編集 ]

心配してくださった皆さんへ

たくさんの暖かいコメント、ありがとうございます。
その他、メールでお悔やみくださった方々、ありがとうございます。
本日、ジジを火葬にしました。
今はお骨になって部屋にいます。
母が庭に咲いた彼岸花を添えてくれました。
これから埋葬をどうするか・・・今考え中です。

この記事を掲載するかどうか、そしてコメントを受け付けるかどうか・・・迷いましたが、私のヘコタレた心を前向きにするために、あえて自分の心境を書き、皆さんのコメントから、立ち直るヒントを得たくて掲載することにしました。

お骨になったジジの周りには、血の跡がたくさんありました。
おそらく、肺に溜まっていた血が火葬の際に飛び散ったものだろうと、お骨を拾いながら葬祭場の人が教えてくれました。
それを見て、どんなにか苦しかっただろうと思うと泣けてきます。
そして、これから先も、こういうことを何度か繰り返すのだろうと思うと、なんだか切なくなりました。

以前、誰かのブログのコメントに書いたことがあります。
「この世のできごとは、“試練”ではなく“プロセス”であり、人生の中で無駄な時間などない。」
これは“プロセス”なのか?
だとすれば、いったい何のための“プロセス”なのか?
答えは、簡単には出てこないでしょうね。
時間が経たなければ見えてこないものなのですから。

今日は、たくさん泣きました。
鼻をかみすぎて鼻血が出ました。(笑)
これから寝るまでの間にも、また泣くでしょう。
泣かせてください。今日だけは。
明日になったら、きっと元気になります!
このブログに、いつまでもウジウジベソベソなこと書きたくないし。

私はまだまだ生きなきゃならない。
何よりも生活しなくちゃいけないし、そのためには稼がなくちゃいけない・・・(笑)
いつまでも凹んでるわけにはいかないもんね。

まだまだ書きたいことはたくさんあるのだけど、まとまらないのでこの辺で止めます。

みなさん本当にありがとうございました。
まずは御礼まで。
  1. 2006/09/26(火) 23:38:58 |
  2. URL |
  3. #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

大変でしたね。
我が家の犬も去年亡くなりました。
確かうちも12.3才だったかな。凛さんのとこの
猫と同じ症状があったと思います。
きっとうちの犬と天国で会ってるかもしれないですね。
  1. 2006/09/27(水) 01:30:28 |
  2. URL |
  3. ほたる #Ni68TvT2
  4. [ 編集 ]

おくやみ申し上げます

遅れましたが お悔やみを申し上げます

盛者必衰の理ですね

12才でしたか

もちろんもっと長生きする猫もいますが
まぁまぁ天寿をまっとう
と思っていいのじゃないでしょうか

ジジという名前は
いろいろ登場していましたのにねぇ

でもほんとに
形あるものは必ずこわれます
それも突然に

だけど 夜中にもかかわらず動物病院に行っていて
よかったですね
手をつくしてあげたのですから
ジジくんもわかっていますよ

病院へ行かないまま 亡くなったら
なんか後悔が残るところでした
手をつくしてあげられてよかった
  1. 2006/09/27(水) 14:34:04 |
  2. URL |
  3. hawk  #49Ps4FDk
  4. [ 編集 ]

ほたるさん、hawkさん

コメントありがとうございます。
一晩明けて、だいぶ落ち着きました。
お骨は、私の部屋に置いてあります。
これをどうするか・・・思案中です。

動物を飼っていれば、こういうこともいつかは訪れるわけで・・・
いや、動物だけじゃないですね、人間(ウチの母とか)もいるわけですから、避けては通れない出来事ですよね。
心なしか、残ったネコたちも気が抜けたように見えます。
私より、彼らの心のケアの方が大事かも・・・(^。^;)
  1. 2006/09/27(水) 20:48:23 |
  2. URL |
  3. #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

遅くなりました。

せっかく連絡いただいたのに、訪問が遅くなってしまってすいません。
あまりに突然だったので、僕もショックでした。
凛さんの悲しみを考えると、安易にコメントするのに躊躇しましたが、今日の日記を見たら少し落ち着かれたようなので、書き込みします。

コレばかりはどうしても避けては通れない試練なので、克服しなければならないのですが、やはり悲しいですね。
僕は初めて飼ったネコが死んだときは、悲しいという感情をうまくコントロールできませんでした。
でも、あの悲しみを経験したことで、より深い愛情を今のネコにそそぐことが出来るのだと思っています。
そして、最後を看取ってあげる覚悟も。

きっとジジも凛さんにしかわからないメッセージを、凛さんの心の中に残してくれていると僕は信じてます。
そして、ネットを通してたくさんの人にも。

残された僕たちに出来ることは、忘れないこと。
僕は忘れませんよ。ジジのことを。(^^
がんばってくださいね。
  1. 2006/09/28(木) 02:12:09 |
  2. URL |
  3. SHIMA #-
  4. [ 編集 ]

SHIMAさん

コメントありがとうございます。

私も、その昔に飼っていたネコを私の不注意で死なせてしまったことがありました。
その時以来、ネコの健康には気をつけていたつもりだったんですけど・・・
今度のことも、私がもう少し早く気付いていれば・・・と後悔の気持ちでいっぱいです。
だから余計に泣けてくるのです・・・。
また改めて、SHIMAさんのブログの方でコメントさせていただきますね。
  1. 2006/09/29(金) 00:13:27 |
  2. URL |
  3. #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rinnet2004.blog72.fc2.com/tb.php/47-3246c8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。